地方銀行でお金を借りる | お金を借りたい時に見るホームページ

地方銀行でお金を借りる

地方銀行でお金を借りる
静岡銀行でお金を借りる方法


どちらの条件で選ぶ!?「お金借りる」時の【2大条件】

銀行系消費者金融 銀行カードローン


重要な存在である保証人

借り入れや融資などを受ける際、「保証人」や「連帯保証人」と言う言葉をよく耳にするでしょう。 これは同じような名前ですが、それぞれの意味や責任の度合いが実は全く違うのです。 前者は、そこまで重い責任がありません。 あくまでも借り入れをした本人の返済責任が優先され、借り入れの1部分でも支払えるようであれば、まずそちらから取り立てられます。 具体的に言うと、100万円の借り入れのうち、本人が70万円のみ支払い能力があった場合、残りの30万円を支払う必要があります。 しかし後者では、返済の優先度は借り入れをした本人と同等なのです。 本人に支払い能力があったとしても、債務者が連帯保証人から取り立てた方が確実だと判断すれば、本人が70万円持っていたとしても、連帯者が100万円まるまる支払わねばなりません。 その責任は非常に重く、支払いを拒否したり、本人から先に取り立てるように要求したりすることも認められません。 そのため、連帯者になるよう頼まれた時には、慎重に慎重を重ねて考える必要があります。 冷たいようですが、友達だから...などの理由ではおすすめしません。 とは言え、一般的なキャッシングであれば、こういったものは必要ないことがほとんどです。 キャッシングを行う際に、収入や職業、事故情報の有無などが詳しく調べられ、信用が足りなければそもそもお金を借りることができません。 親戚や友人などに迷惑をかける事はありませんので、きちんと計画的に返済できる範囲内で借り入れを行うようにしましょう。

ページトップへ戻る