形態別でお金を借りる | お金を借りたい時に見るホームページ

形態別でお金を借りる

パート/アルバイトがお金を借りる方法
女性向けのキャッシングでお金を借りる方法
学生がお金を借りる方法
専業主婦がお金を借りる
形態別でお金を借りる
派遣社員がお金を借りる方法


どちらの条件で選ぶ!?「お金借りる」時の【2大条件】

銀行系消費者金融 銀行カードローン


どうしたら適用される?優遇金利のお得度

優遇金利とは一般に適用される標準金利よりも、利率を低く優遇してくれるというものです。 同じ金額を借りるにしても、適用される利率が低くなればお得度は高くなります。 分かりやすい例で説明すれば、100万円を借りて年5%の場合は年間の利息は5万円です。 これがもし、1%優遇されるとすれば4%で済むため、利息は4万円となり1万円の差がでるのです。 もっとも、実際には1%までの優遇はなかなかなく、0.2%から0.5%程度の優遇が多いかもしれません。 消費者金融やクレジット会社などの貸金業者や銀行のカードローンなどにおいても、こうした優遇金利を設けているところがあります。 たとえば、消費者金融では、計画的な返済支援をサポートするおまとめローンという商品がありますが、その業者を初めて利用する人より既契約者の金利を下げるケースや、その逆のケースも考えられます。 また、どの業者でもよくあるケースが、一定の年収がある人の金利を下げるパターンです。 たとえば、年収1000万円以上ある場合には一般的に返済能力が高いので、それ未満の収入の方よりも金利を引き下げるというものです。 また、他のサービス利用を条件に優遇金利が適用されるパターンもあります。 銀行系のカードローンなどでは、同じ銀行の住宅ローンを借りていると金利が引き下げられたり、同系列の証券会社で口座を保有して資産運用をしていると金利の引き下げを受けられたりすることがあります。

ページトップへ戻る