お金を借りる基本知識 | お金を借りたい時に見るホームページ

お金を借りる基本知識

お金を借りる前の返済シミュレーション
お金を借りる基本知識
お金を借りる時の審査方法
カードローンとフリーローンの違い
カードローンのメリット
カードローンの申し込み方法
キャッシングとは
キャッシングの返済方式
一般的なキャッシングの申し込み方法
一般的にキャッシングで必要な申し込み書類
保証協会の審査方法
現金を借りる方法
銀行からお金を借りるメリット
銀行でお金を借りる方法
銀行でのお金の借り方
銀行カードローン
銀行系の消費者金融でお金を借りる方法


どちらの条件で選ぶ!?「お金借りる」時の【2大条件】

銀行系消費者金融 銀行カードローン


約定利率は低めの設定で

貸し主より借り主へ契約当事者間で設定された金利のことを、約定利率といいます。 当事者間で、利率の設定をしなかった場合に関しては、法定利率が適用されます。 民法では、年利5%、貸し主側が商人の場合は、商法により6%と決まっています。 キャッシングの場合は、通常、約定利率が適応されています。 では、金利は何%でもいい訳ではなく、利息制限法及び出資法で制限が設けられています。 キャッシングするときに陥ってしまうのが、金利の割合が少ないからと思っても実は、利息制限法によって金利が法定金利よりもかかってしまうことです。 10万円未満なら年利は20%、10~100万円までは年利18%、100万円以上なら年利15%までと決められています。 例えば、ある融資会社の広告で、10万円~300万円の融資額可能で年利5%~20%と表記されいたとしても、10万円にかかる金利は20%、300万円にかかる金利は5%となります。 その為に少しでも低額のキャッシングをするなら、約定利率の低いところで借りるのがお得ということになります。 これは、キャッシングするときに陥りがちなことです。 借り入れする以上、返済するのは義務になっていくわけですが、高い金利だと、返済も当然大変です。 しかしながら最近は、法定利率よりも安く年利を設定している融資会社も沢山あります。 そういった会社を探し比較して、自分が融資されたい額と、年利のバランスを考えながら返済計画を進めていくと良いでしょう。 キャッシングは、生活する上で必要なサービスですので、効率よいサービスを受けていきましょう。

ページトップへ戻る