金融の疑問1 | お金を借りたい時に見るホームページ

金融の疑問1

お金を借りるには
みなし利息とは
カードローンとは
システム金融とは
与信とは
与信管理とは
他社借入件数とは
借入極度額(契約限度額)とは
借入限度額(利用限度額)とは
優遇金利とは
利息とは
固定金利とは
変動金利とは
日本クレジット協会とは
日本消費者金融協会(JCFA)とは
日本貸金業協会とは
有担保ローンとは
消費者金融とは
融資とは
金融の疑問1


どちらの条件で選ぶ!?「お金借りる」時の【2大条件】

銀行系消費者金融 銀行カードローン


賢く保険料控除を利用する方法

保険料控除は民間の保険会社や共済の保険に加入している人が税金の控除を受けられる制度です。 保険料の控除では支払った保険料の総額を1年間の所得から差し引くことで所得税や住民税が減額されます。 他の税の控除と違い、その年の所属の総額に応じて控除の額も異なってきます。 保険料の控除の制度は平成22年から改正がなされ、控除を受けられる保険料の範囲が広がりました。 改正前は死亡の保障がメインの生命保険を対象にした一般生命保険料の控除と個人年金に支払う保険料を対象にした個人年金保険料の控除のみでしたが、制度の改正によって医療や介護の分野の故障が入った保険にも介護医療保険料の控除が適用されるようになっています。 そのほかに、所得税からの控除額が最大5万円から4万円に、住民税が3万5000円から2万8000円に引き下げられたという変更がされましたが、新たに控除の対象となる保険が増えたので、加入している保険の種類によっては一概に増税とはいえません。 生命保険料の控除の対象となるのは、民間の保険会社と契約した生命保険、生命共済や年金共済、そして損害保険会社などと契約できる介護が必要になった状態になると保険金の支払いが受けられる保険です。 これらの保険に加入していると1月1日から12月31日までの1年間に支払った保険料が生命保険料の控除の対象となります。 対象となる保険に加入している時は、忘れずに確定申告や年末調整で申告を行うようにしましょう。 会社員や公務員の人の場合は、給与所得者の保険料控除等申告書に保険会社が発行してくれる生命保険料控除証明書を添えて総務部など会社へ提出します。

ページトップへ戻る